レポート

SE構法の技術力 vol.3~壁倍率がない理由~

リスクルへのリンクはこちら

木造住宅の構造の話をする際に「壁倍率○倍だから強いんです!」というように壁倍率という言葉をよく聞きます。
なんとなく、壁倍率は大きい方が強いという印象を受けますよね。それではSE 構法において、壁は何倍なのでしょうか。
そもそもSE構法の構造計算書で、壁倍率という言葉を見たことがありますか?
vol3
木造の構造チェックとは
一般に、在来軸組工法( 以下在来工法)の構造チェック方法は大きく分けて2 種類あります。
それが壁量計算と許容応力度計算です。
壁量計算は、2 階建て以下で小規模な木造建築を設計するときに採用します。
許容応力度計算は、壁量計算よりもやや高度な計算方法で、3 階建て以上、もしくは大規模木造建築を設計するときに採用します。
では、SE 構法ではどのように構造をチェックしているのでしょうか。
SE 構法の場合、許容応力度設計よりも高度な手法である立体フレーム解析を採用。
これを使いSE 構法では大きく7 つのポイントについて構造チェックをしているのです。
7 つのポイントとは【1. 鉛直荷重 2. 風荷重 3. 地震荷重 4. 層間変形 5. 偏心率 6. 剛性率 7. 各部材・接合部の応力】です。
在来工法において、壁量計算では2と3のみ、許容応力度でも1、2、3、5、7の5ポイントがチェック対象となっています(図1)。
ここからも、SE 構法の構造計算はより詳細な構造チェックをしているといえるでしょう。
壁倍率とは
壁倍率は在来工法の壁量計算や許容応力度計算をするときに使用する数値。
ある一定の強さを持つ壁を基準値として、その壁よりも2 倍の強度があれば壁倍率2 倍、3 倍なら壁倍率3 倍としています。
しかし、壁倍率は5 倍までと建築基準法で定められています。
一方、 SE 構法の壁は、釘1本当たりの強さから壁全体の強さを計算しています。
この壁全体の強さの数値を使い、立体フレーム解析という高度な構造計算手法を用いて構造設計をします。
つまり、SE 構法では強さの基準を壁量計算で求めておらず、壁倍率を必要としないといえるのです。
このような高度な設計手法を採用するために、釘1本あたりの強さを確かめる実験( 写真1) や、その釘を使った場合の壁の強度を確かめる実験( 写真2 ) などをしています。

このように、実験で確認された高度な設計手法を採用することで、高性能な耐力壁の使用が可能になっているのです。

コメントを残す

*