SE金物

新たな技術

sflame

大地震においてさらなる安全性を確保するために、SE構法では、業界で初めて「Sボルト」を標準採用しました。 柱と接合部の金物をつなぐ役割を担うSボルトは、ボルト表面に凹凸加工を施し木材にねじ込むことにより、 引張剛性を向上させ、通常のボルトの2倍の強度を有しています。 また、居住後の経年変化による木材の乾燥収縮に対し食い込み定着することにより、剛性を維持することができます。