テクノロジー

安定した性能

集成材 SE構法では構造計算に用いる材料強度の観点から集成材を使用しております。 集成材の特徴は強度のばらつきが少なく、必要な強度が保たれていることです。 木材は、乾燥するほど強度が高くなり、狂い(ねじれ・反りなど)が少なくなりますが、 断面の大きい木材は乾燥が難しく強度の計測も困難です。
 そこで、丸太を板状に製材し十分に乾燥させた後に強度を測定し、構造部材に必要な強度に応じて 板状に製材した「ラミナ」と呼ばれる木材を積層して接着することにより、強度と品質が確保されます。