セーフティ

スケルトン&インフィル

スケルトン&インフィル

「スケルトン&インフィル」は、RC造のマンションではよく耳にする言葉でが、 主要な構造躯体と間仕切りを構造上分離することにより、間取りの可変性と自由性を高めることができます。
一般の木造では、構造壁と非構造壁の区別が不明確な場合があり、建築後に間取りを変更すると耐震性能を低下させる危険がありますが、 SE構法では、スケルトン&インフィルの考え方となる構造壁と間仕切り壁を明確に分離することで、 将来のリフォームにおいても耐震性能を低下させることなく、間取りやライフスタイルの変更が可能となります。
また、強度の高いJAS1級の構造用合板を用いた高耐力壁とラーメンフレームの効果により、最少の構造壁で耐震性能を確保できます。