木に金属という安心

安心と安全が住宅建築のかたちになりました。
強度の高い集成材の接合部に、独自の金物を用いる構法は、
在来の軸組工法と比較して、断面欠損の少ない強固な接合部を生み出します。
接合部分が強靭であることにより、
柱と梁のみで揺るぎない強度の骨組みを生み出すことが出来ます。
柱と梁で建築を支える構造を「ラーメン構造」といいますが、
SE構法は接合部を強化した堅牢なラーメン構造。
骨組み全体で建築を支えるので、まさに家そのものが大黒柱であるといえます。
柱や区画の壁が少ないために、光を取り入れる大きな開口部や窓、出入り口、
そして広々とした吹き抜け空間が安全に実現できます。
東日本大震災において、SE構法で建てられた建築の地震による倒壊はゼロ。
地震国日本を安全・安心に暮らしていくために、耐震構法・SE構法をご活用ください。

人気のある記事

最近の投稿

耐震構法SE構法とは

1

History

〜こうしてSE構法は誕生した〜

「耐震構法SE構法」は、木造住宅で初めて構造計算を全棟実施。さらに、業界で初めて全棟性能保証を実現しました。
「なぜ、木造住宅は、構造計算をしないのか!」
その発想から生まれた「耐震構法SE構法」をご覧ください。

詳細はこちら

2

Safety

〜全棟構造計算、全棟性能保証の安全性〜

「耐震構法SE構法」は、全棟構造計算をしています。
さらに、構造計算した内容そのままに、材料の供給、加工を含めて一元管理しています。
だから、全棟性能保証。その安全性をご確認ください。

続きはこちら

3

Technology

〜壁量計算にはない強さの秘密〜

 多くの木造建築は、簡易な計算方法(壁量計算)により安全性を確認しております。
 一方で、鉄骨造やRC造では、建物の構造部材を立体的な構造モデルに置き換えて安全性を確認する、マトリクス解析法という手法を用いており、SE構法は、このマトリクス解析によって解析している、木造では唯一の構法です。

続きをみる

4

Quality

〜使う材料を厳選し、その強度を構造計算する〜

これまでの実験に基づく性能情報を取り込んだ、専用の設計CADプログラムにより構造計算をおこない、
その構造設計データが、プレカット工場とデータ連動することにより、正確な情報が反映されています。

続きをみる

5

Report

〜想定される家への被害を、様々な側面から検証し実証する〜

「耐震構法SE構法」は、単純に強いだけではありません。
建物にかかる様々な力を想定し、建物全体で、変化への対応を、構造計算により実証しています。
ひとつひとつをきちんと実証するからできる「耐震構法SE構法」。
その理由をごらんください。

続きをみる

映像でみる「耐震構法SE構法」

〜わかりやすくビジュアルで「耐震構法SE構法」を〜

〜ポイントをわかりやすく解説〜

85秒でわかる「耐震構法SE構法」

この映像を見る

〜「耐震構法SE構法」のなぜ?に答えます〜「耐震構法SE構法」のすべて

「耐震構法SE構法」のすべて

この映像を見る

会社情報

会社名
株式会社エヌ・シー・エヌ
東京本社
〒108-0075 東京都港区港南1-7-18 DBC品川東急ビル
大阪支店
〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-49 梅田滋賀ビル

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ